多嚢胞性卵巣症候群にルイボスティー|妊娠できた私が飲んでた物3つ紹介

この記事では、多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できた私が飲んでいた3つのルイボスティーを紹介します。
まだ多嚢胞性卵巣症候群かどうか分からない場合も大丈夫。
妊活に大事な成分がギュッと詰まったルイボスティーだけ厳選して紹介しています。安心して選んでくださいね!

 

すぐにルイボスティーを選びたい方は
こちらから

 

妊活ルイボスティーは選び方が重要

「市販のルイボスティーを飲んでみたけど、大した効果は感じなかった」

そう思う方もいるかもしれませんね。

ルイボスティーを選ぶときは種類と質が重要です。

私が妊活をしようと決めた時、第一歩として始めたのがルイボスティーでした。

 

でも、ルイボスティーの種類はペットボトルの手軽なものから、高価なドリップタイプまで様々。

 

妊活に向いているルイボスティーがどんなものなのか分からないですよね。

 

私自身も最初はペットボトルタイプを買ってとりあえず飲んでいました。

しかし、妊活に対する効果も特に感じず、ルイボスティー妊活は続きませんでした。(元々紅茶よりコーヒー派)

 

しかし!

ルイボスティーには種類や効能に違いがあり、効果が格段に変わってきます。

 

後から調べて「こんなことなら早く妊活向けのルイボスティーを飲んでおけばよかった」と後悔したほど。

 

では、妊活向けのルイボスティーはどのようなものかというと、これです▼

多嚢胞性卵巣症候群にはグリーンルイボスティー

通常ルイボスティーはルビーのような色が特徴の紅茶ですが、実は赤いものだけではありません。

 

妊活するなら選ぶルイボスティーはこれ一択▼

グリーンルイボスティー
※実際は緑茶のように緑色ではありません。

グリーンルイボスティー。

簡単に言うと、グリーンルイボスティーは熟成前の茶葉のことです。

 

ルイボスティーはもともと抗酸化作用の強い飲み物として、酸化ストレスで傷ついた細胞を直してくれる作用があることで有名です。

 

その理由は、アスパラチンという、ルイボスティー唯一の貴重なフラボノイドが含まれているから。

 

アスパラチンの効能が多嚢胞性卵巣症候群に効果的な理由は

・多嚢胞性卵巣症候群の原因の一つである「インスリン抵抗性の改善」

・抗酸化作用による卵子の質や妊娠にかかわる機能不全の改善

 

この二つの効能が多嚢胞性卵巣症候群の原因に働きかけてくれるからです。

 

そんな抗酸化作用が期待できるアスパラチンですが、

熟成前のグリーンルイボスティーにはこのアスパラチンが約10倍以上多く含まれているんです。

つまり、グリーンルイボスティーは熟成した普通のルイボスティーには到底及ばないほど栄養価が高く、強い抗酸化作用があるわけですね。

 

グリーンルイボスティーの味ってどんな味?

味はメーカーによってブレンドされているハーブで違いはありますが、基本的には少しフルーティーなほうじ茶のような味わいが特徴です。

 

ルイボスティーの味が苦手だという方も、もしかしたらグリーンルイボスティーであれば、日本茶に近い感覚でごくごく飲めるかもしれません。

 

今までスーパーに置いてある安価なルイボスティーを飲んで効果を実感できなかった方は、

間違いなくグリーンルイボスティーをお勧めします。

 

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できた私が飲んでいた3つのルイボスティー

まずは多嚢胞性卵巣症候群をはじめ、妊活に悩んでいるなら飲んでほしいルイボスティー3選をご紹介します。

ルイボスティーの詳しい効能や成分は後で説明するので、深く知りたい方は最後まで読んで見てください。

▼タイトルをクリックすると商品の詳細に飛べます。

ドクターズチョイス Ninkatsu Tea vegestory グリーンルイボスティー ベルタ ルイボスティー
ドクターズチョイス妊活ティー ベジストーリーグリーンルイボスティー ベルタルイボスティー
種類
グリーン グリーン スタンダード
タイプ
煮出し ティーパック ティーパック
ブレンド
ハーブブレンド ストレート ハーブブレンド
妊活効果
非常に高い 普通 高い
価格
3,480円 1,699円 4,980円
定期購入特別価格
3,300円 1,499円 初回500円、2980円
定期解約の条件
1回でも解約OK 1回でも解約OK 6回の継続が条件
1日当たりのコスパ(定期)
116円(110円) 56円(50円) 166円(85円)
ミントが効いてすっきり 純なグリーンの味 ローズヒップが強め
向いている人
本格的に取り組みたい コスパ重視 妊活から妊娠出産まで長く続けたい
購入できるネットショップ(公式サイトへ移動します)

 Ninkatsu Tea (妊活ティー)
vegestory グリーンルイボスティー ベルタ ルイボスティー

☆ここで紹介しているものは、すべてオーガニック認定を受けている高品質なものです。

☆気になる商品の公式サイトをチェックしてみてください。

 

ドクターズチョイスNinkatsu Tea (グリーン)

本格的な妊活グリーンルイボスティー


ドクターズチョイス Ninkatsu Tea (妊活ティー)

◯通常価格:3,480円(116円/杯)

◯定期購入:3,300円(110円/杯)(いつでも解約OK)

◯タイプ:茶葉お湯出し

◯ブレンド:ラズベリーリーフ、チェストツリー、タンポポ、ネトルリーフ、ペパーミント

◯効能:ルイボスのほか、生理不順・排卵障害の改善を助ける成分を配合

 

本格的に多嚢胞性卵巣症候群の改善を頑張りたいルイボスティー

ドクターズチョイスは多嚢胞性卵巣症候群の改善に働きかけるルイボスをはじめ、

古くから女性の生殖機能疾患の改善に用いられてきたハーブをブレンドしています。
特にラズベリーリーフ、チェストツリーは妊活に注目されているハーブ。

 

○ラズベリー…子宮へ活力をあたえ、PMS(生理前症候群)のケアに用いられています。

 

○チェストツリー…女性ホルモン様作用があり、脳下垂体から分泌される女性ホルモンのバランスを整えると言われ、生理不順の改善や排卵を促す作用が期待されています。

 

ラズベリーティー、チェストツリーティー、たんぽぽ茶など、妊活においてよく飲まれるハーブティーですが、Ninkatsu teaであれば一度に取り入れてしまいますね。

それぞれ単体のハーブの力を取り入れるよりも多嚢胞性卵巣症候群にはNinkatsu teaのブレンドが最も相性が良いですよ。

 

味はどうなの?

ペパーミントがアクセントになり、スッキリとした味わい。しかし、好き嫌いは別れるかも。

あまり馴染みないハーブがブレンドされているので、味で失敗したらどうしようと思いましたが、意外にもスッキリと美味しいブランドでした。
ペパーミントがあることで味がスッとしまる感じがします。

もともとハーブティーが好きなら失敗することはない味だと思います。

☆口コミ情報

生理周期が40日から30日へと変わりました。子宮の厚みや卵子の育ちも早く、不妊治療の先生にも「順調だね」と褒められたくらいです。

Ninkatsu teaのおかげかわかりませんが、飲み始めてから妊娠することができました。(37歳)

 

無排卵でこのハーブティーを飲み始めました。基礎体温や周期も整い、不正出血も見られなくなりました。(31歳)

 

PMSで生理が重く2か月に1回の周期でしたが、このハーブティーを飲み始めてから毎月整理が来るようになりました。辛い生理も軽くなり、正直びっくりしています。基礎体温も整っています!(28歳)

 

口コミの中には確かに「飲んでも特に効果は無かった」と回答している人もいました。

しかし、日々の食生活によって不調の度合いは違います。

それに対して抗酸化作用が追い付いているかで効果の感じ方は変わりますよね。

副作用の報告も特になさそうだったので、安心して飲めると思います。

 

公式サイトには、ほかにも手書きの口コミレビューを確認することができますよ▼


ドクターズチョイス Ninkatsu Tea はこちら

ドクターズチョイス Ninkatsu teaの注意点|妊娠中はストップ

妊活中は強力な力をくれるNinkatsu teaですが、

晴れて妊娠した後は万が一のため妊娠中に飲むのは控えたほうがよさそうです。

とはいえ、赤ちゃんに何か悪影響があるわけではありません。

何が心配なのかというと、ズベリーリーフやチェストツリーは、女性ホルモンの分泌を増やす作用があるためです。

妊娠はとても絶妙なホルモンバランスで成り立っています。

しかし、そのバランスを邪魔してしまうことになってしまうからです。

 

基本的に、妊娠中に摂取を控えたほうが良いといわれているのは、女性ホルモン様作用のあるもの。
※チェストツリーだけでなく、大豆イソフラボンも妊娠中の過剰摂取は良くないんですよ。

 

ですから、妊娠したらNinkatsu teaは卒業して、新たなルイボスティーを始めるのが良いですね。

 

逆に言うと、慰めやプラセボ効果(思い込みで改善を狙う)を狙ったものではなく、その名のお降り、

Ninkatsu teaは大いに体質改善が期待できるルイボスティーであるということですよね。

 

・どうにかして、妊娠がしたい…

・でも、何をしても効果を感じたことがない、どうしたら良いかわからない…

・そんな葛藤を感じている方にぜひ飲んでみてほしい妊活ルイボスティーです。


ドクターズチョイス Ninkatsu Tea はこちら

 

vegestory「グリーンルイボスティー」

グリーンルイボスティーを始めて飲む方にお勧め

vegestory グリーンルイボスティー

◯通常価格:1,699円(56円/杯)

◯定期購入:1,499円(50円/杯)(いつでも解約OK)

◯タイプ:ティーパック

◯ブレンド:グリーンルイボスティーのみ

◯効能:グリーンルイボスティーによる抗酸化作用とインスリン抵抗性の改善

 

手軽に効果の高いグリーンルイボスティーが飲める

ベジストーリーのグリーンルイボスティーは、ブレンドされていないシンプルなものなので、その分値段もお手頃。

妊活は治療費や栄養を気遣ったりと、何かと費用がかさむもの。良心的な値段で続けられるのは良いですよね。

 

まずは手始めに妊活に効果が大きいとされる「グリーンルイボスティーのデビュー」にピッタリです。

放射線物質の新基準をクリア、有機JASマーク(オーガニック認定)もしっかり取得。

値段は安くても、その品質はしっかりと保たれています。

 

ちなみにカフェインはもちろん、鉄分を阻害するタンニン、妊娠中に心配な成分は一切含まれていません。

ルイボス以外のハーブはブレンドされていないので、妊活卒業後や二人目妊活の方はお子様と一緒に飲むことができますよ。

味はどうなの?

vegestoryは他の妊活ブレンド茶と違い、ハーブブレンドされたものではないので、癖がなく、グリーンルイボスティー本来のほんのり甘い優しい味わいを感じることができます。

効果はなるべく高いほうが良い、だけど味もはずしたくない。

味とコスパを重視するならば、Vegestoryのグリーンルイボスティーがおすすめですよ。

 

☆口コミ情報

ほんのり甘さもありながら、さっぱりしているので毎日おいしく飲むことができます。ノンカフェインなので家族みんなで飲んでいます。(26歳)

 

どんな食事のシーンでもピッタリだと思いました。飲み終わった後に残る風味がとってもおいしいです。二人目妊活中の私にとっては、オーガニックティーというのもうれしいです。(35歳)

 

普通のルイボスティーは味が苦手だったんですが、妊活中なのでしっかり体調を整えたいと思い、グリーンルイボスティーを購入してみました。癖もなく飲みやすいのでグリーンルイボスティーであれば続けられそうです。(35歳)

 

口コミは味重視が多く、効能に関しては良くも悪くも「普通」です。

 

私自身、最初に始めたのがvegestoryのグリーンルイボスティー。飲んでみて感じたのは、なんとなく体調は良くなっている「気がする」と言った感じ。

 

ただ、ちょっとだけお腹周りがへこんだ気がしたのも事実。

 

後に説明しますが、グリーンルイボスティーには脂肪の吸収を抑えて分解する成分が含まれているんですよ。

 

コスパも良いので、健康茶としてはとても優秀だと思います。長く続ければまた効果は変わってきますよ。

vegestory グリーンルイボスティーはこちら

 

VELTA「ルイボスティー」

妊活から出産まで安心して飲める高品質なルイボスティー

ベルタ ルイボスティー

◯通常価格:4,980円(166円/杯)

◯定期購入:初回500円2,980円(85円/杯)(6回継続が条件)

◯タイプ:ティーパック

◯ブレンド:ローズヒップ、バラの花、タンポポ根、しょうが、月桃葉、黒豆、マキベリー、エルダー、ネトル、シャタバリ、大麦

◯効能:ルイボスのほか、冷えを改善し巡りをよくする成分、リラックス効果の高い成分を配合

 

ベルタは妊活中も体質改善できる巡りをよくするルイボスティー

 

妊活ではグリーンのルイボスティーがおすすめですが、味が苦手だと感じた方は、ベルタのルイボスティーがおすすめ。

 

ベルタのルイボスティーは通常の熟成されたルイボスティーですが、ベルタも妊活向けの商品を開発しているメーカーなので、妊活の悩みを汲み取ったルイボスティーになっています。

確かにルイボスに含まれる成分は少なくなりますが、その分他のハーブや健康素材で大切な血行不良を解消し、血の巡りをよくする成分が豊富に含まれています。

 

特に注目したい成分はこれ▼

○ローズヒップ…ビタミンCが豊富なことに加え、女性ホルモンを活性化し血糖値を抑制する効果があります。多嚢胞性卵巣症候群には血糖値の抑制が重要なので、取り入れたい成分です。

○タンポポ根…むくみの改善や疲労の回復効果があり、利尿作用による解毒効果があります。巡りが良くなれば不妊治療の辛いマイナートラブルを改善してくれますよ。

○ネトル…ドクターズチョイスにも含まれていましたが、妊活中の多くの方が不足している鉄分を豊富に含みます。

 

私個人的にも、妊活はとにかく「体を温めて血の巡りをよくする」ことが最重要だと考えています。

関連記事▼
妊娠できた方法|5つの見直した生活習慣とは

 

冷えているということは、毛細血管の隅々まで必要な栄養や酸素が行き届かないということ。
卵子や子宮にも届かなくなります。

 

必要な栄養素が欠けていたら、真っ先にストップされるのが”妊娠”です。

 

そんな妊活を支えてくれるのがベルタのルイボスティーというわけです。

私はしばらくNinkatsu tea一択でしたが、妊娠後はベルタルイボスティーを始めました。

 

あじはどうなの?

味は紅茶寄りで、個人的にはローズヒップが強めのスッキリとした味わいだと感じました。
好みでレモンを入れると、味が締まっていい感じがしました。

リラックス効果の高い成分も多く含まれているので、気持ちが不安定になりがちな妊活中にも良いですよ。

ベルタ ルイボスティーはこちら

 

ルイボスティーを飲んだことがない…そんな時はお試しがある

「ルイボスティー自体が初めて、またはグリーンルイボスティーは飲んだことがない」

紅茶って一度購入して味が苦手…となると、結構消費するのに苦労しますよね。

 

私はグリーンも通常の味も平気でしたが、ルイボスティー自体に好き好きが分かれると思います。

 

グリーンルイボスティーは通常のルイボスティーよりも効能が高いですが、味が苦手だったら続けられません。

そんな時は一度に少量のお試し購入ができるRT定番4種入りの「3週間お試しセット」もおすすめです。

↓↓↓クリックでお試し購入ページ


RTRoomというルイボスティーの専門オンラインショップです。

お試しトライアルのセット内容は スタンダード・オリジナル・グリーンの3種類。

 

グリーンルイボスティーとスタンダードなルイボスティーを両方試せてしまうのも良いですよね。

RTroom ルイボスティー
セット内容: スタンダード・オリジナル・グリーンの3種類

最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」

妊活専門ではありませんが、普通のルイボスティーでも同じ効果は得られますし、品質グレードが高く、効能が高いものもあります。

 

グリーンルイボスティーが苦手だったら普通のルイボスティー

本気で妊活をするならグリーンルイボスティー

 

無理せず自分の好みに合ったルイボスティーで体質改善を目指しましょう。

 

紹介した3つ+1のルイボスティーの選ぶべきポイント

どれにしたらいいか迷う方は、この特徴を見て選んでみてください。

 

ドクターズチョイス妊活ティー

○ドクターズチョイスNinkatsu tea

すぐにでも妊娠したい気持ちが強い。

多嚢胞性卵巣症候群をはじめ、不妊につながる体調不良を本気で改善したい人向け。


ベジストーリーグリーンルイボスティー

○vegestoryグリーンルイボスティー

妊活を始めたばかり。コスパ重視。シンプルにグリーンルイボスティーを試してみたい。

二人目妊活で家族みんなで健康を意識してルイボスティーを取り入れてみたい。


ベルタルイボスティー

○ベルタ ルイボスティー

グリーンルイボスティーが苦手だった。グリーンであることにはこだわらない。

妊活から妊娠~出産後まで、女性の悩みをサポートする必要な栄養素が取れるブレンドティーが良い。


○RTroomお試しセット

ルイボスティー・グリーンルイボスティーどちらも飲んだことがない方向け。

まずは純粋にルイボスティーを試してみたい。
ルイボスティーを飲んだことが無いならば、ルイボスティー本来の味を確かめるためにも、紅茶専門ショップのルイボスティーを選ぶのも良いと思います。


しかし、やはり妊活、ひいては多嚢胞性卵巣症候群の改善がしたくて選ぶルイボスティーです。

トライアルで確かめた後は、やっぱり妊活専門のメーカーで購入するべきです

 

妊活を専門としているメーカーならば、妊娠力を高めてくれる栄養素や不妊につながる原因を取り除いてくれる成分など専門知識を備えています。

そのために、妊活を専門としているメーカーのルイボスティーは、高い効果が得られるように独自のブレンドされているものも多いです。

 

多嚢胞性卵巣症候群へ効果があるとされているルイボスティー。

どうせ始めるのであれば、さらに効果的なものを選んで妊活を始めましょう。

妊活でルイボスティーが効果的なわけとは

そもそも何の目的のために妊活でルイボスティーがオススメされているのでしょうか。

もちろん単にカフェイン飲料の代わりになるからではありません。

 

1つ目、酸化ストレスによって起こる卵子や妊娠に関わる機能の老化を抑える

2つ目、生活習慣の乱れや体質から起こる多嚢胞性卵巣症候群など不妊の原因を改善

 

要するに、ルイボスティーの妊活に対する効果は、妊娠に関わるあらゆる不調を改善し、延いては妊孕力を高めてくれることです。

 

1.抗酸化作用が卵子や生殖機能の老化を抑えてくれる

 

これは、ルイボスティーに含まれるフラボノイド系の作用によるもの。

特にルイボスにしか含まれない「アスパラチン」が重要。

スーパーオキシドジムスターゼという人間に備わっている抗酸化酵素と同じ働きをして、抗酸化力を高めてくれるんです。

 

※フラボノイドとは主に植物に含まれる色素や苦味成分で、強い抗酸化作用を待つことが特徴です。

 

ストレスや病気に対する対抗、運動などで生み出される副産物「酸化物質」。

この酸化で傷ついた細胞は、そのままではエラーを起こし、様々な疾患が現れます。

 

体にはもともと抗酸化力が備わっていますが、精神的ストレスや加齢する度、抗酸化力が追いつかなくなってしまうのです。

 

当然、酸化が起こると卵子や妊娠に関わる機能も損害を受けています。

 

細胞の酸化が私たちを悩ませる多嚢胞性卵巣症候群や卵巣、子宮の疾患へと繋がり不妊の原因の一つとなってしまうのです。

 

そんな細胞たちを癒すために、食事やサプリメントから補う「抗酸化レベルを上げる成分」が必要なのです。

 

もちろん、コンビニでも売られている手軽なルイボスティーを飲む習慣も悪くはありません。

甘い飲料水やコーヒーを飲むくらいなら、ペットボトルのルイボスティーを飲むほうが100倍マシ。
何故なら甘いものやコーヒーの飲み過ぎは、多嚢胞性卵巣症候群に関与するインスリン抵抗性の原因につながりやすくなるからです。(参考:Could Energy Drink ‘Shots’ Raise Teens’ Diabetes Risk?))

 

 

しかし、効能がそれほど期待できないものをずっと飲み続けていても、卵子や体の酸化は待ってはくれません。

 

体は毎日、エネルギーを消費するたびに酸化し続け老化していきます。

特に卵子や妊娠に関わる機能は老化の進行が早いです。

 

ですから、抗酸化レベルを上げてくれるグリーンルイボスティーが妊活において重要視されつつあるのです。

グリーンルイボスティーは、本気で妊活している方全員が飲んで欲しいくらいのものなんです。

 

2.グリーンルイボスティーが多嚢胞性卵巣症候群の改善に期待できる

 

 

グリーンルイボスティーに含まれる成分は、多嚢胞性卵巣症候群の原因に働きかけて改善する効果が期待できます。

 

多嚢胞性卵巣症候群は原因不明な点が多々あるものの、一番有力な原因は「インスリン抵抗性」による男性ホルモンの過剰分泌です。

インスリン抵抗性とは体がインスリンに対して反応が悪くなるため、血糖値を無理やり下げようと過剰分泌されてしまうことを言います。

 

インスリンが分泌される際、男性ホルモンが上昇する器官へ影響を与え、結果的に男性ホルモンが多くなり、排卵周辺の機能を妨げているのではないかと言われています。

だから、多嚢胞性卵巣症候群の方の特徴に「ヒゲが濃くなる、顎ニキビができる、内臓脂肪がつきやすくなる」と言った、男性化が見られると言われています。

 

つまり、多嚢胞性卵巣症候群を改善するには

・インスリンの働きを助け、血糖値上昇を抑える作用

・男性ホルモンの上昇を抑え、ホルモンバランスを整える働き

 

この二つの働きがあれば、多嚢胞性卵巣症候群の改善が見込めるというわけです。

 

そんな多嚢胞性卵巣症候群に効果が期待されるグリーンルイボスティー成分は主にこの3つです。

 

1、アスパラチン

唯一ルイボスティーに含まれるフラボノイドの一種。

 

抗酸化作用のほかに、インスリンの分泌を促進させ、筋肉や細胞へ糖を取り込む働きをよくしてくれます。

それにより血糖値の上昇を抑えてくれるので、余計なインスリンが分泌されなくなり、多嚢胞性卵巣症候群の改善に繋がることができます。

 

先ほども言いましたが、

ストレスやハードな運動で必要になった代謝の副産物である酸化物質(フリーラジカル)は増えすぎると様々な疾患につながり、妊娠に関わる機能にも悪影響をおよぼします。。

 

アスパラチンは特に強い抗酸化作用を持ち、そんな活性酸素を抑制して細胞を元に戻してくれる効果があります。

つまり、妊娠力の低下を抑えてくれる心強い成分ってわけ。

 

そして、このアスパラチンはグリーンルイボスティーには通常と比べ約10倍も多く含まれているので、グリーンルイボスティーがオススメですよってことなんです。

 

2、ピニトール

ピニトールはこちらのpcosサプリの記事でも登場していますが、同じく血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

アスパラチンとの違いは、ピニトール自体が血糖値を下げる効果が認められているので、インスリンを必要とせずに血糖値が下がるのです。

 

つまりインスリンを酷使させずに分泌を休めることができるので、結果として男性ホルモンの増加を抑える効果が期待できるというわけ。

 

ピニトールについては、サプリメントに配合されているものも多いので、多嚢胞性卵巣症候群の改善においてメジャーな成分とも言えます。

 

3、ルテオリン

ルテオリンも血糖値の上昇を抑える働きを持ちますが、インスリン抵抗性の改善が見込めると言います。

 

また、糖から余ったエネルギーを脂肪に変えるのを抑制してくれるので、偏った食生活においての肥満の解消も期待できます。

 

痩せすぎもダメですが、肥満は明らかに不妊につながることが多いです。

 

何故なら、肥満であること自体が、インスリン抵抗性を引き起こす要因となるからです。

pcos患者の20パーセントは肥満(体脂肪率が高い)傾向にあると言います。

 

肥満傾向とは、太って見えなくても相対的に脂肪が多めの方も当てはまります。

痩せ型なのに、食生活の乱れ、運動不足、偏食などが原因で中性脂肪が高い人もいます。

 

ですから、生活習慣を見直すためにルイボスティーはピッタリなんです。

つまり、体脂肪を減らしながら多嚢胞性卵巣症候群の改善に期待できるというわけです。

 

今こそルイボスティーで体質改善を

先に挙げたグリーンルイボスティーに含まれる「アスパラチン」「ピニトール 」「ルテオリン」は多嚢胞性卵巣症候群を改善し、 延いては妊孕力(妊娠し出産まで至る力)が高まる可能性を秘めています。

 

高品質・妊活専門だからこそ効能が期待できる。

 

それぞれ紹介したこの3つのルイボスティーは、妊活専門の品質管理もされているし、高い効能も期待できますよ。

 

妊娠は排卵しないと始まりません。

 

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵しない卵子がたくさんできてしまい、それ自体が男性ホルモンを分泌し続け、悪循環を引き起こすと言います。

 

排卵しないからスタートラインにすら立てない…

 

そんな辛い症状から抜け出すためにも、どうせ飲むなら効能の高いグリーンルイボスティーにしてください。

焦る気持ちもあると思いますが、少しずつ良いものを取り入れていくことで、改善の兆しが見えてくるはずです。

・先を越していった妊活ママに追いつきたい

・何度もリセットされる卵子に落ち込むのが辛い

・辛いと思いたくない、けどやっぱり辛いと思う妊活を終わせたい

 

ルイボスティーで妊娠力を高めましょう^^

 

まずはお試しから始めたい方はこちら▼

最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」

妊活・多嚢胞性卵巣症候群の改善を助けてくれるルイボスティーはこちら▼

ドクターズチョイス妊活ティー ベジストーリーグリーンルイボスティー ベルタルイボスティー
購入できるネットショップ(公式サイトへ移動します)

 Ninkatsu Tea (妊活ティー)
vegestory グリーンルイボスティー ベルタ ルイボスティー