【それはヤバイ】産婦人科の前に陰毛処理してないの?妊活中のVIO事情

今日、育児系の掲示板を見ていて強烈に反発したいと思ったことがあるので、そのことについて語らせてもらいます。

 

あなたが妊娠希望で、これから婦人科検査の機会が増えていくならば、今のうちにこの記事を読んで陰毛処理について考えていただきたいです。

あとで恥を書く前に…!

 

産婦人科へ行く前に陰毛処理の事情を知ろう

 

「陰毛処理をした方がいいのかなぁ」

と悩んでいる人に対する答えは「イエス」のみです。

 

私は産婦人科へ行く際に、陰毛処理をした方が良いと断言します。

 

「産婦人科へ行く時に陰毛処理しなくても大丈夫だよ!」という

【しなくていい理由】をお探しの場合は、この記事はご希望に添えません。

 

だけど、陰毛処理に抵抗がある人は多いと思います。

なんとなく「下の毛は剃るべきものではない」という固定観念から後ろめたさもありますよね。

 

そもそもどんな風に処理をしていいか分からないし、ちょっと挑戦してみたことがある人はわかると思いますが中途半端に処理すると、チクチクしたりかなり違和感が残ります。

 

初めてのワキの処理もそんな感じでした。(懐かし)

 

だけど、この際だから「皆は毛の処理いていないから私もしない」というのは止めましょう。

 

日本人の陰毛処理の文化は浸透しつつある

私の陰毛処理の知識はほとんど「脱毛サロンのミュゼ」で仕入れている情報ですが、日本人の陰毛処理は10年前と比べてだいぶ浸透してきているようです。

 

脱毛サロンや医療脱毛が増えたこともあると思いますが、日本人って「欧米文化」や「皆やってる」に弱いですからね。

 

いつか見た番組で男性の全身脱毛が急増中との特集もやっていました。びっくりですよ。

 

こういうのって若い層から広がっていきますからね。

 

若くして妊活している方や若いプレママがキレイに陰毛処理している人が増えてくると、先生や看護師さんもキレイなVラインに見慣れてしまうものです。

 

キレイに整っている患者さんばかりの中にモジャモジャジャングルが出てきたら、そりゃちょっと引いちゃうこともありますよ。

しかも陰毛の話題なんて普段友達としませんよね。

だから自分で気づいた今始めないと、いつの間にか陰毛処理文化においてかれてしまいますよ。

   
スポンサーリンク

陰毛処理をするメリットはちゃんとある

陰毛処理をするメリットはコレ▼

  • 臭いが気にならなくなる
  • 不快感が無くなる
  • パートナーとの妊活が楽になる
  • 見た目も良くなる
  • 余計な心配事が減る

 

特にこれが厄介↓

臭いは自分じゃなかなか分からない

臭いで1番不快に思うのはあなた自身じゃありません。

 

検診してくれる先生や看護師さん、そしてパートナーです。

 

むしろ、陰毛処理は毛の見た目やカタチよりも「臭い」のエチケットといて意識してもらいたい。

 

ただでさえ、先生や看護師さんの前で大股広げて検診をするんですよ。

 

毛がモジャモジャだったり長かったりすると、どうしても蒸れるしモワッと臭いもするでしょう。

しかも毛が長いままだと臭いが広がりやすいんですよ。

 

ところでなんのためにあんなに下の毛が長くなるか知っていますか?もちろん大切な部分を保護するためもありますが、今の世の中では全くはた迷惑なことに、異性へ臭い(フェロモン)をとどけるために下の毛は長くなるんです。

 

だからその理論で考えると長く放置していると臭いが充満します。

 

それに優しい旦那さんであれば「臭い」なんて口が裂けても言えないでしょう。相手が傷つくって分かっていますから。

だから、匂い対策に私はよくインクリアを使っていました。


https://www.happy-bikatsu.com/

 

それに毛が長いと何かと絡まるし、汚れて固まったりします。

 

妊活しているならば、旦那さんと計画的に仲良ししますよね。

その時たまにありませんか?毛が絡まって痛いこと。

 

それが少し陰毛をきれいに処理するだけで、不快感から開放されるのでスムーズに妊活できるし、Vラインがきれいに整っていたら婦人科へ行くたびに毛のことで悩んだりしません。

かなりいろんなストレスから解放されます。

 

「でも陰毛処理していない人のほうが多いみたいだよ」

産婦人科の脱毛意見

産婦人科の脱毛意見

 

確かに産婦人科の先生はあなたの陰毛を見てもなんとも思わないかもしれない。

数々の患者さんを見ているわけですから、もう日常的な光景です。

 

でも、これは「本人が陰毛処理をしないことを納得したい」という心理の表れであって、処理をしない理由を作るいい訳です。

 

先生が内心どう思っているかなんて誰にも分かりません。だけど、決して快くは思ってはいないでしょう。そんなもじゃもじゃ、できれば見たくないでしょ。

 

中にはこんな意見も。

陰毛処理は看護師の間で話題になるという意見

看護婦間では噂になったりします

 

これが真実です。女の人はおしゃべりです。噂が大好きです。そして下ネタも大好きです。

 

流石に仕事中は喋らないにしても、飲みの席で勢い余って喋ってしまうこともあるでしょう。

 

皆が陰毛処理していなから私も処理しないって安心するのは危険です。

 

それに、元々生えている毛が薄い人も100人に1人くらいはいますからね。

 

陰毛の状態を見せあったりする人なんていませんからね。「してないよ。そのまま検診言っているよ」って言った友人も、本当は処理しているけど恥ずかしくて言えないだけかもしれませんよ。

 

 

だから私は陰毛処理を推奨します。

 

とはいえ全処理はしなくていいです

陰毛処理って言っても全剃りを勧めているわけではないので安心してください。

本当はツルツルの方が衛生的らしいですが、いきなりツルツルにする勇気がなくても攻めたりしません。

しかも先生も見てちょっとびっくりするかもしれませんね。

 

だから、勢い余って全処理はしないでくださいね。

 

「じゃあどんなカタチに処理したら良いの?」

 

ってなると思うので、どうやって陰毛処理したら良いのか、私が知る限りのことを伝授したいと思います。

 

妊活中にしておきたい陰毛処理の仕方

理想型は「ナチュラル」です。

産婦人科 脱毛 理想

ナチュラルって言っても、放置しているボーボー状態のナチュラルではないですよ。

あれですよ。芸能人のすっぴんをイメージしてください。あれ実際ガチすっぴんではないですよね。アイプチもカラコンもしてるのに「すっぴんです♥」とか言っちゃってますよね。

そういう感じで、ナチュラル風に整えます。

どうやって陰毛処理をしたほうがいいのかは脱毛サロンのミュゼプラチナムが参考になると思いまが…

一応こちらでおさらいしておきましょう。

陰毛は部分的に分けるとVIOに分かれます。

陰部は下着に隠れる部分の毛のことですが。普段誰にも見せないわけですから疎かになりがちです。パンツから毛が飛び出ている人も多いですよね。実際。

 

図で言うとこんな感じ▼脱毛サロンに興味がある人ならご存知かと思います。

陰毛処理の基礎知識

 

推奨する陰毛処理の基本はコレ▼

  • Vライン…整える・薄くする・短くする
  • I・Oライン…ほぼ全処理でOK
  • 基本の毛の長さ…2~3cm程度

という感じ。

 

VIO処理の文化が普通にある欧米の方は全剃りツルツルが多いらしいですが、やっぱり個人的には大人の象徴は残しておきたいもの。

 

だから、Vラインは特にいい感じに整っているナチュラル風を目指します。

 

※ちなみに全剃りツルツルは「ハイジニーナ」と言って衛生の「ハイジーン」から来ているらしいです。やっぱり毛がモジャモジャあるのは衛生的じゃないって思われているんですね。

 

だけど、I・Oラインは見えないけど自分で処理できるの?

 

基本的にIライン、Oラインは必要のない毛なので全処理したいところですが、自己処理はおすすめしません。

ご察しの通り見えないので危険すぎます。

 

本当は脱毛エステサロンに行くべきなんだけど、お金がかかったり時間やサロンに通う手間がかかったりとエステは嫌だって思う人も多いと思います。

 

なのでIOラインは長さを整えるだけに留めておきましょう。

 

陰毛処理で使う道具

言っておきますが、女性用の顔用カミソリでジョリジョリとか、ハサミでチョキチョキは辞めてくださいね。

陰毛って見たことあると思いますが、毛先は細いですが、真ん中から根本にかけては毛先が太いです。

それなのに細い毛先をバツっと切ってしまうと、太い毛先が出来上がってしまいます。余計に剛毛に見えたり、チクチク不快感が半端ないです。

カミソリは単純に危ない(汗)特に見えにくいしデリケートゾーンなのでおすすめしません。

 

そこでおすすめする道具を紹介▼

ヒートカッター

「シルキーケア」

ヒートカッターは毛先が丸くカットできるので、チクチクの不快感がかなり軽減されるのが魅力的。中でもシルキーケアは1番チクチクしないと評判の良いヒートカッターです。

 

私はかれこれ3年は愛用しています。

 

アンダーヘアを処理する商品の中にはIライン用シェーバーとセットになったものもあったりしますが、口コミでは「特に必要なかった」「全処理はできないので結局チクチクする」という声が結構目立っています。なので、無難にシルキーケアで短く整えるのが良いですよ。

 

あと無駄におしゃれなデザインで安いやつもおすすめしません。

 

陰毛処理において1番不快なのは仕上がりが悪いことですから、少々値段が高くても口コミで評判が良い物にしたほうが無難です。

 

とはいえ、どれも値段はリーズナブルなので、こっそり自分でVIO処理したい人にはおすすめですね。

T字シェーバー


もう一つ用意してほしいのが、男性用のT時シェーバー。男性用は濃いヒゲでもキレイに肌を傷つけずに逸れるようになっているので、丁度いいんですよね。

これはお腹付近のVライン処理の時に使います。旦那さんの1個もらっておいてください(笑)

 

VIOを自己処理する方法

まず、パンツからはみ出ないことを第一条件にして考えます。

この図を見てください▼

陰毛処理のやり方

<Vラインの剃る順序と長さ>

  • ①お腹付近の毛…全剃り(T字シェーバーで)
  • ②全体…まずは2~3cmくらいの長さに整える。
  • ③股関節外側…徐々に毛が生えている範囲を狭めてく
  • ④股関節内側…ランダムに自然に薄く見えるように長さを調整

 

まず、お腹あたりまで生え広がっている部分はT時シェーバーで全部剃っちゃってください。

 

反対に股関節内側(子宮のあたり)は多少残して、なるべく内側に毛先が向くように整えます。

 

おそらく未処理の方は広範囲に渡って毛が広がっていると思うので、面積を狭くする気持ちでガンガンやっちゃってください。

 

最初はそれくらい大胆にやって慣れてください。

I・Oラインはさっきも言ったとおり、全処理は難しいので、自分が出来る範囲で長さを整えてください。

 

とりあえずVラインだけ整っただけでもだいぶ「元からナチュラル風」に近づくはずです。

 

「元々薄いんですぅー」みたいなノリで検診に望めば、何も恥じることはありませんよ。

 

シルキーケアの詳しい使い方はこちらで見てください▼

 

余裕があるなら脱毛エステがおすすめ

これである程度、陰毛処理はできあがります。

婦人科検診の前の日にでも陰毛処理をしておけばキレイに整った「ナチュラル風」なVラインが出来上がっているはずです。

 

だけど、生きている限り毛は伸び続けます。

一度処理して終わりではありません。

 

本気でVIOの処理をしたい、伸びてくるたびに処理するなんてめんどくさい。

 

そんな方で、まだ時間に余裕があるならば脱毛サロンのプロに任せるのも手です。

 

今いろんな脱毛サロンが全国的に増えて、キャンペーン値下げ合戦をしているんですよね。

だから脱毛シェーバー買うよりも安く済んだりします。

 

もちろん脱毛サロンは妊娠中にはできないので、ある意味今しかできないチャンスでもあります。

 

本当に脱毛サロンが初めてならば、無難で間違いないのは「ミュゼプラチナム」です。

両ワキとVラインが100円払えば何回通ってもOK。

月額100円でもありません。たった1回支払えばあとはお金はかからないんです。

こんな格安のキャンペーンを見て「100円でできるわけないじゃん」って思われる人は多いですよね。私も最初は思いましたよ。

でも、ミュゼは脱毛サロンでは珍しく「ノルマ制ではない給与体系」なので強引な勧誘がないんです。

 

だから、無理に勧誘するメリットがスタッフにはないので、お客さんのニーズに合わせて提案してくれるんです。

 

問題は妊活をしているわけですから、はやめに脱毛を完了させたいですよね。

ですが、万が一途中で妊娠できたら休止もできるし、早めのスケジュールにしたいって希望すれば、プロが調整してくれますよ。

 

カウンセリングは無料なので、とりあえずネットで予約するのもありですね。

(ちなみに100円キャンペーンはいつ終了するかわからないのでお早めに)

 ミュゼプラチナム

【体験談】産婦人科へ行く前に陰毛処理しておけばよかった

ここからは余談ですが・・・

何故ここまで陰毛処理を推すのかというと、陰毛処理をせず出産した私は色々と不便な思いを経験したからです。

 

私は1人出産経験がありますが、その時アンダーヘアのことなんて全く考えずにありのままの姿を見てもらっていました。

 

だって、整えてもチクチクして痒いし、Iラインなんてどうやって処理したらいいかわからない。

Oラインはもはや生えてないことを祈るしか無い。

 

旦那もそんなに気にする方じゃないので、そのまま放置していました。

 

ところがある日…

 

産婦人科での陰毛トラブルは意外と潜んでいる

 

本人は意外と気づかないこと。

それは陰毛処理していないことによって起こるトラブルです。

 

婦人科検診でエコー確認するときって、必ずトイレを済ませてから検査するんですよね。

呼ばれてトイレを済ませて検診を終える。。。

 

もう慣れっこなので陰部を見られることには何も抵抗はありません。

いつも通り検査して下着をつけようとした時…

 

え・・・

 

1.ティッシュついてんじゃん

 

まじかぁぁぁぁぁー。これはイカンだろー・・・・

そう、陰毛にティッシュが絡まっておりました。

 

これ、誰も話題にしない陰毛あるあるじゃないですか?

 

2.なんか今日、陰部が臭うかも…

一応婦人科検診の日は必ず念入りに陰部を洗浄するんですよ。

 

汚れていたり、臭ったりしたら、それこそティッシュどころじゃなく嫌じゃないですか。

 

だけど、悲しいかな必ず検査前にトイレに行きます。

 

体調によってはオリモノが多い日もあったりしますよね。

 

そうなると毛に絡まって固まるし、念入りに洗ってもどうしても臭ったりします。

たとえ本人は気づかなくても、おおっぴろげで検査するんですから相手には分かります。

 

え?そんなこと?気にしすぎ?

 

確かにこの羞恥心は本人が体験しないと分からないですね。

特に私なんかは自意識過剰ですから。

 

でも、だれもあなたのアンダーヘアのことなんて指摘しませんからね。

本人だけが気づかないまま、毎回先生に検査してもらうことになります。

   
スポンサーリンク

3.だけど今さら陰毛処理できない

こんな他人にとっては小さなトラブルがあったわけですが、私にとっては恥ずかしい出来事。

 

ちゃんと陰毛処理をしたい気持ちもありましたが…

 

いまさら陰毛処理したら「あれ?なんか短くなってない?毛の量減ってない?」って思われるのが恥ずかしかった。

 

もちろん「覚えてないでしょう」って言われてしまえばそれまでですが、私は自意識過剰のあんちきしょーなので、もう気になって仕方ない。

 

それに、陰毛処理の仕方がわからなかったので、もし失敗してかぶれたり、ばい菌でも入ったらどうしよう。

それこそ恥ずかしくて検診なんていけなくなる。なんて思って躊躇していました。

 

大きい病院なら多くの患者さん相手にするので、「あぁ今日はまた生え散らかった患者だ」くらいにしか思われないかもしれませんが、私は先生が1人しかいない上に小さな病院でしたので、何となく顔も覚えているでしょう。

 

結局一人目の時は、切迫流産で入院したりしていたら、お腹も大きくなってきて毛の処理なんてできなくなりました。(見えないんだもん)

結局ボーボーを貫いて出産に至りましたよ。

 

だから、これを読んでくれたあなたは

絶対に婦人科に通う前に陰毛処理をしてくださいね。

 

婦人科1,2回くらいならまだ大丈夫です。

 

婦人科検診で陰毛のことが気になったらすぐに解決しよう

 

陰毛処理はあなたが思っている以上に、ちゃんと処理している人が増えています。

雑誌などでもアンダーケア事情について特集を組まれていたりしますからね。

 

だから、匂いや見た目のエチケットとして、陰毛処理して何もおかしなことはありません。

むしろ先生にしてみれば、いつもいつもジャングルばかりだったら、あなたの整ったVラインがオアシスに感じるはずです。

 

全処理ではないんですから、何も恥ずかしいことはありませんよ。

最後に陰毛処理についてまとめると

 

・陰毛処理をするべき理由

⇒なぜなら蒸れて匂うし、見た目も良くない

⇒ちょっとしたトラブルやストレスから解放される

 

・自己処理をする場合

⇒ナチュラル風にVラインを整える。

⇒I・Oラインはなるべく短めに整える

⇒基本的にはヒートカッターを使う

⇒面積が広い部分は男性用のT字シェーバーを使う

 

・脱毛エステに行く場合

ミュゼプラチナムが勧誘が少なくて初心者には易しい

 

ちなみにわたしはもちろんアンダー処理もばっちり終えています。

これから妊娠検査が月に1回ありますからね。

今までは検診のたびに、そのたびに憂鬱な気持ちでしたが、むしろ堂々とおおっぴろげられますね。

いや、それは言い過ぎでした。やっぱり何回やってもなれませんよね。婦人科検診は。